前へ
次へ

不動産売却をしたほうがいいのかを考える

不動産売却をする際、指導されることもあると初めて知りました。私有物なのに、自治体から解体しなさいと言われることもあります。自分の場合にもやんわりと特定空き家にならないように不動産売却をするアドバイスをいただきましたが、対処することがトラブルを防止する唯一の方法です。不動産売却にはペナルティーもあります。それが、固定資産税優遇から外れたり、罰金を課せられたり、最終的に解体工事がされて、その費用を請求されてしまいます。無視ができないので、自分は早々と不動産売却に踏み切ることにしました。不動産売却したくない、できないのであれば、メンテナンスをすべきです。でも、すぐに不動産売却できない諸事情もあるでしょう。その対策として自分の場合には定期的にメンテナンスをしていただけに、人に貸すことにしました。いわゆる、空き家の管理を第三者に任せるといった対策です。もちろん、管理さえしっかりしていれば問題ないのですが、遠方に住むためになかなか管理に足が運べず、それなら人を住まわせて管理してもらうのが利得です。その間は家賃収入もあります。もちろん、不動産売却では建物付だから買い手がつかないこともあります。長引くようなら、家を取り壊してしまうのも一法です。将来の予定を考えて、余裕に合わせて不動産売却の手続きを進めています。

Page Top