前へ
次へ

不動産売却における買取ならではのメリットは何か

不動産売却は、買取より高く売却できるため、仲介を選ぶべきだと考えている方もいるでしょう。確かに少しでも高い価格で不動産売却をしたい場合には、仲介という選択肢が適しています。ですが不動産売却価格が安くなったとしても、買取が適した選択肢というケースも見られます。では不動産会社に直接買い取ってもらうことには、どのようなメリットが存在しているのでしょうか。不動産会社に買取を依頼するメリットの1つが、短い期間で不動産売却が可能だという点です。仲介を依頼する場合だと、契約をしてから買主を募集して内覧を行うなど、手続きを終えるまでに半年以上かかることもあります。ですが買取による不動産売却なら、1週間以内に手続きを終えることも可能です。急いで不動産を売却でき現金化できるため、すぐにお金が必要という方には買取が適しています。また仲介より売却価格は安くなってしまうものの、不動産売却で買取を選ぶと仲介手数料がかかりません。仲介手数料がかからないため、売却価格によっては仲介と金額面で大きな差が生まれないこともあります。

Page Top