前へ
次へ

不動産売却は売却が先だとデメリット

不動産売却をした知人、売りを先に住み替えをしたのですが、トラブル続きだったといいます。例えば、不動産売却してからの住み替えでは引っ越し費用の負担がかかったといいます。これは盲点です。不動産売却では、不動産を売る際に仮住まいが必要になりますから、引っ越しをします。引越し先は知人の場合には賃貸アパートだったようですが、アパート暮らしをしながら新居探しをしたようですから、新居が見つかれば三度、引っ越しをするのでその諸費用の負担も決して小さくはなかったようです。また、金銭の問題もあります。不動産売却してからの住み替えなら、売却したお金で新居探しもできますが、もちろん、不動産はいくらで売れるかが確かではありません。適正価格でも実際には値引き交渉がされ、さらに引っ越しを含めて諸々の雑費があり、仲介手数料なども差し引くとなかなかシビアな金銭しか手元に残らないといいます。希望している新居が買えないなら、グレードを落とすしかありません。思った以上に不動産売却の価格の差に腰を抜かすとも言っていました。不動産売却は売れたことに喜んでも金額での折り合いはつかないかもしれません。

Page Top