前へ
次へ

不動産売却をするときの主な流れとは

不動産売却をする人は少なくありませんが、一般的に不動産を所有している人ならば一生に1度ぐらいは不動産売却を経験するかもしれません。土産売却を経験する場面は、自分たちが過去に購入した土地や建物を売却する場合です。あるいは、親が死亡しその後不動産を手に入れた場合にそこに住むことがなければ売却することも少なくありません。このように不動産売却する場面は、概ね限られてきていますがもし自分が不動産売却をしなければならないとすればどのような流れになるか知っておきましょう。最初は、不動産会社に不動産売却をすることを告げた方が良いです。自分で不動産売却を行うことも不可能ではありませんが、書類の作成などが非常に煩雑でなかなか思ったように進まないはずです。その後、不動産会社に査定をしてもらいます。通常査定は無料で行ってくれるものです。その後、契約をする場面で書類のやりとりが必要になるため、自分で用意できるものは用意しておきましょう。後は、実際に売れた場合に登記の抹消手続きなどをしなければいけません。

Page Top