前へ
次へ

不動産売却をするときに決断する場面とは

必要のない不動産がある場合は、不動産売却を専門的に行っている不動産会社に不動産売却の依頼をします。とは言え、不動産売却を本当にする必要があるのか迷うケースも少なくありません。よくある例は、親の土地や建物を相続した場合です。すぐに不動産売却をするのではなく、ほんとに今するべきなのかをよく考えておきましょう。不動産売却を決断する場面の1つは、税金関係になります。不動産を所有していれば、固定資産税を払い続けなければいけません。もし空き家の場合は、数年後に固定資産税がずいぶんと高くなってしまうためその前の段階で不動産売却をすることになるケースが多いです。人によっては、初回の固定資産税を払いたくないため早々に不動産売却をしてしまうこともあります。いずれにしても、自分たちがこれ以上金銭的な負担をしたくないと考えたときに行うべきです。次に、土地の値段がこれ以上上がりそうにない場合です。築年数がよほど浅く、高い価値が維持されている建物でなければ通常売却をする土地の値段が重要であり建物の値段はそこまで重要ではありません。そうだとすれば、土地の値段が上昇しているときには売らず、上昇しきったときに売るのが1番不動産売却をする上でメリットがあります。

Page Top